2017年10月17日火曜日

【Daily Open Windows】10月17日

10月17日

管理者には、忠実であることが要求されます。(第一コリント4:2)

神の目から見た、最もすばらしい美徳は、忠実さであると私は信じています。それは、すべてを包み込むものです。忠実とは神ご自身の心に従うことです。この管理者、使徒パウロの言葉を拾ってみましょう。『デマスは、私を捨てて行ってしまい・・・』(第2テモテ4:10)、『・・・アジヤにいる人々はみな、私を離れて行きました・・・』(第2テモテ1:15)。忠実さを呼び起こすははずだったものが、すべて崩れ去ってゆくときの彼を見てみましょう。彼は、事実上、一人で取り残されました。これまでにないほど、たくさんの敵に囲まれています。そして、悲劇的なこと、無念なことには、今の敵の多くが、かつて彼が主に最も用いられたその相手であることです。

2017年10月15日日曜日

【Daily Open Windows】10月15日

10月15日

それは啓示によって上ったのです。そして、私の宣べている福音を、人々の前に示しました。(ガラテヤ2:2)

神のための新しい働きは、いつでも、そのために選ばれた者たちへの啓示によって始まるべきものです。これは、とても大切なことです。神がこのように語られ、選ばれた器たちに啓示を与えて、真に霊的な働きが成されたので、他の者たちはそれを、良い手本としてとらえ、別の場所でそれを模倣しようと試みました。その結果として、彼らはその責任を負うように、すなわち、奉仕者、資金、そして、様々な助けの源を探すように召され、また、今も同じことを求められています。これによって、今度は、多くの悲しく痛ましい、場合によっては邪悪で世俗的な手段と方策が用いられることになり、ここに召された者たちは、自分が誤った立場にいることに気づきます。模倣ではなく、人の想念から起こることが、新生をつかさどる神のおきてです。人間による選別ではなく、油注ぎによって、受け継がれることが、神のおきてです。事実、神の働きこそ、人が持つ生まれつきの性質の多くが表に現れ、満足を見出す領域となっているのです。人は何かをせずにはいられず、何かを見ずにはいられず、何かを持たずにはいられません。人間的な野望、獲得、達成と言ったものが、キリスト者として進む気持ちを超えて、心の前面に現れてきたため、(率直に言わせていただきますと)ほとんどいつでも、多くのことが、『自分のもの』、すなわち、『自分の働き』、『自分の役目』、『自分の分野』、『自分の担当』となってしまい、そこは、妬み、競争心、敵意、その他、肉に属する多くのことであふれています。

聖書からの約束: 悔い改め

聖書からの約束:
悔い改め Repentance


時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。 ■ マルコ1:15

こうして十二人が出て行き、悔い改めを説き広めた。 ■ マルコ6:12

主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、たましいの砕かれた者を救われる。 ■ 詩篇34:18

主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。 ■ 詩篇147:3

そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。 ■ 使徒3:19

しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行なうなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。彼が犯したすべてのそむきの罪は覚えられることはなく、彼が行なった正しいことのために、彼は生きる。 ■ エゼ18:21-22

わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。 ■ マタイ9:13

2017年10月13日金曜日

【Daily Open Windows】10月13日

10月13日

メラリ族に任じられた務めは、幕屋の板、その横木についてである。(民数記3:36)

ここで板だけでなく、横木にも触れられていることを、私は嬉しく思っています。横木とは、全体をひとつにまとめるためのものであり、そして、この横木をいつも気を付けてみていれば、あなたも分派を起こすこともなく、また、個人的な好みで行動したり、一人二人と仲良くなった人たちが、勝手な方向に離れていくこともないでしょう。キリストの御体においては、排他的な考えなどなく、人間的な好みだけで決まるものもなく、全ての部分が、ひとつのかしらのもとにまとめられていることを、忘れてはいけません。それが、責任というものです。人の好みによって、また、主の人々の間に生まれる個人間の選り好みのせいで、どれだけの損害が生じてきたことでしょう!一人ひとりに心の支えが必要であり、常に横木に注意して、全てをまとめておくこともまた、必要です。これが、この使徒がこの言葉で言おうとしたことです、『御霊の一致を熱心に保ちなさい。』誰かの味方をして、他の誰かと敵対するようなことをしながら、御霊の一致を保つことなどありえません。そうすることで、その人の手助けをしていると思うかもしれません。ああ、では、その相手の人はどうでしょうか?横木は、人の行いを正し、つりあいを保ち、また、全ての部分にふさわしい手助けをするものです。そして、そこには柱があります。柱には何かが掛けられている、すなわち、私たちにはそれぞれの責任があり、また、私たちは神の前に与えられた責任を果たすにあたって、お互いに助け合わなければなりません。一人一人が自分の責任を負い、神に課せられた荷を運ぶようにと召されているからです。これは、お互いの重荷を負うことです。・・・この責任は相互に依存しながら果たすべきものであり、一人一人が自分の重荷を主の前に運びながらも、全体でひとつとなっているのです。

2017年10月11日水曜日

【Daily Open Windows】10月11日

10月11日

あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように(しなさい)。(ヘブル12:15)

現実の出来事としてのキリストの十字架上の死はどのようなものであったかを考えると、主の味わった苦しみとは、人の移り気、偏狭さ、恐怖、ねたみ、そして、背信から引き起こされたものであったことが分かります。愛の中で、私たちのために、主はこれらすべてをその身に負いました。そして、同じことによって、私たちの神への愛のあり方が試されているのかもしれません。移り気な群衆は、主イエスがどれだけやさしく、清らかであったかを簡単に忘れ、嘘だらけの誤った告発に乗せられてしまい、そのために、かつては、自分たちが褒めたたえたお方に向かって叫びたてるようになったのです。パリサイ人たちは、宗教的な偏狭さに支配されており、残忍なほど不寛容で、律法的な糾弾を苛烈に行う者であった彼らは、先頭に立って、主に苦しみを与えました。弟子たちと同様、ピラトも怖れていました。ユダは裏切り者であり、そして、サタンは、自分が妬んでいただけでなく、サドカイ派やほかの人々を嫉妬へと駆り立てました。しかし、これだけの攻撃を主の愛に集中させてもなお、主は父の御心に、細部に至るまで忠実であり続け、主の心をそらすことなどできませんでした。神の愛は、主にとって、敵の苛烈な攻撃、友人たちの過ち、大衆の強い扇動、また、ご自身の権利などよりも、はるかに大きな意味があったからです。主が、御父の臨在という栄光の中で、休息に入られた時には、愛がすべての誘惑に打ち勝っていたのです。・・・

2017年10月10日火曜日

聖書からの約束: 神の守り

聖書からの約束:
神の守り Protection, God's


主の名は堅固なやぐら。正しい者はその中に走って行って安全である。 ■ 箴言18:10

主の使いは主を恐れる者の回りに陣を張り、彼らを助け出される。 ■ 詩篇34:7

主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。あなたは、このことについて愚かなことをしました。今から、あなたは数々の戦いに巻き込まれます。 ■ 2歴代16:9

主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。 ■ 詩篇121:7-8

あなたが横たわるとき、あなたに恐れはない。休むとき、眠りは、ここちよい。 ■ 箴言3:24

もし、あなたがたが善に熱心であるなら、だれがあなたがたに害を加えるでしょう。 ■ 1ペテ3:13

主に愛されている者。彼は安らかに、主のそばに住まい、主はいつまでも彼をかばう。彼が主の肩の間に住むかのように。 ■ 申命33:12

その人は悪い知らせを恐れず、主に信頼して、その心はゆるがない。 ■ 詩篇112:7

2017年10月9日月曜日

【Daily Open Windows】10月9日

10月9日

あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。(ヤコブ5:16)

キリスト者としての生活において、私たちには、主の御心に自分を合わせなければならない場面が数多くあります。主の御心とは、私たちの肉にとって必ずしも易しいことばかりではなく、何か特定の問題で、主の御心に合わせるために、必死で闘わなくてはならないことが、あまりにも多くあります。そして、祈りとは、このように御心に自分を合わせるための時間です。今夜、ここに集っている皆さんの中にも、何かのことで神の御心と闘っている方もいるかもしれません。そう、今こそ、その問題に片をつけるべき時です。祈りの時間は、あらゆることで神の御心と完全な一致を見るための大きな機会を与えてくれます。・・・